• ホーム
  • 診療内容
  • 料金表
  • クリニックのご案内

あやこいとう クリニック

お気軽にお問い合わせください。診療時間10:00~18:00 要予約
お問い合わせフォームはこちら

新サイト

予防医療とは

無料カウンセリング

ホルモンに関係した女性のお悩み

女性ならではのお悩みに。

プレ更年期~更年期障害や生理前のイライラなども、ホルモン補充療法で改善することが可能です。

PMS(月経前症候群) 月経前のイライラ・不調に

月経の1~2週間位前から、イライラ・便秘・下痢・腹痛・頭痛・眠気・集中力低下などを感じることはありませんか?
これらの身体的・精神的な不快症状は「PMS(Premenstrual Syndrome、月経前症候群)」といいます。
完全な治療法は見つかっておらず、多くの女性がお悩みの症状です。
月経のない男性には理解が難しい場合もあり、職場や家庭でもどかしさを感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
当院では、このPMSに深く関わりがあるとされるプロゲステロン(黄体ホルモン)を補充することで、PMSの諸症状を緩和する治療も行っております。
一般的なホルモン補充療法とは異なり、副作用の少ないナチュラルホルモンを処方するため、副作用を含め、身体への負担が少ない治療法です。
保険診療による低用量ピルの処方も行っております。身体的にも精神的にも、ずいぶんと楽になられる方の多い治療です。是非一度、ご相談ください。

PMSの諸症状

身体的不調 精神的不調

お薬の種類(一例です)

PMSの改善には、内服薬と外用薬があります(保険適用による低用量ピルの処方もおこなっております)。

プロゲステロン(カプセルかドロップ)プロゲステロン
(カプセルかドロップ)
プロゲステロン(RDTトローチ)プロゲステロン(RDTトローチ)
プロゲステロン(外用クリーム)プロゲステロン(外用クリーム)

更年期障害 つらい症状をプレ更年期から改善。副作用の少ないナチュラルホルモン。

更年期障害は、男性・女性共に起きる症状ですが、特に女性に自覚症状が強い場合が多いようです。女性の更年期障害の原因は、閉経期前後の卵巣機能低下にあります。卵巣から分泌される女性ホルモンの一つである卵胞ホルモン(エストロゲン)の量が減少することで、自律神経の失調やめまい、ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、不眠、その他PMSに似た身体的失調・精神的失調などの諸症状が現れます。
当院では、こうした更年期障害の方にもホルモン補充療法をお勧めしております。
血液、尿検査で必要なホルモン量を調べ、適量を補充することで更年期障害の諸症状が改善され、日常生活を快適に過ごすことが可能です。
当院では人体に安全な「ナチュラルホルモン」を処方しているため、採血検査での、ホルモン量やバランスの確認が容易で、微調整がしやすいのが特長です。合成ホルモンによる吐き気、頭痛、ニキビなどの副作用で苦しんでいらっしゃる方、ガンなどの副作用が心配で、合成ホルモン補充療法に抵抗を感じられている方にも、安心して治療をお受けいただけます。

お薬の種類(一例です)

プロゲステロン(カプセル)プロゲステロン
(カプセル)

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群) 排卵を正常化

月経のある女性の場合、大体28日周期で1つの卵細胞が成熟し、エストロゲンによる、卵子のベッド(子宮内膜)の準備が整うと、排卵。排卵した卵の黄体から、プロゲステロンが分泌されます。受精しなかった場合は月経により体外へ排出されます。
「PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)」は卵細胞が成熟しきれず、排卵されないまま卵巣内にいくつもたまってしまうため、プロゲステロンの分泌が低下し、相対的にテストステロン(男性ホルモン)が多くなり、月経異常(不順〜無月経)、ニキビや多毛、体重増加などの不具合が生じてしまう病態です。卵巣内に卵細胞が複数あることで、次の周期で成熟すべき卵細胞が成熟できなくなり、排卵障害を起こしてしまい、不妊の原因ともなります。また、この疾患の女性には、甘党やお酒好きが多いのも特徴です。過剰な糖質が、卵子に糖化現象を生じることが、原因と考えられています。

PCOSは血液検査で性腺刺激ホルモン、黄体ホルモンや男性ホルモンの濃度を測定。排卵周期に合わせたホルモン摂取と、糖質の摂取制限により、排卵を正常化することが可能です。

お薬の種類(一例です)

  • 排卵を誘発:クロミッド
  • 卵子を保護:ビタミンC、ビタミンE、メラトニン
  • 糖質を制限:ビタミンB3、ビタミンB6、メトホルミン、舞茸エキス

ページトップへ